12月23日_Nikon F Titan


まっっったく何の意味も無いことですが、ニコンFのファインダーは、それこそ0.1mmの狂いも無くニコンF2に装着できる。特に、1/2000シャッターや電気接点の連動が必要無いアイレベルファインダーやアクションファインダーなら、F用F2用と分ける必要すら無く、完璧に使用可能だ。当時の製品企画者たちは、工業製品に求められる寿命を超えた、「壊れさえしなければ、永遠に転用していける」おそるべき広範囲の互換性を考えていたのではないだろうか。
でもカタログや取説(マニュアルのことです)では一言も書かれていないし、あえて互換を阻む位置にブランド銘板を残す等、「帰ってきたウルトラマン」や「仮面ライダー二号」の二本線みたいなもんすか。いろいろ苦しくなった末弟を、神話的存在の長兄が助けにくるあたりのストーリー展開も似てるな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きんぎょ

Author:きんぎょ
http://www.hormone.co.jp/

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる